ブログ

社員証用顔写真(証明写真)の出張撮影について

社員証(IDカード)用の証明写真の出張撮影について問い合わせが多いポイントをまとめてみます。

■撮影に必要なスペースは?

撮影に必要なスペースは3m✕3mあるといいかと思います。 どうしてもそのスペースの確保が難しい場合は2m✕3mでも撮影は可能です。

■撮影する場所の明るさは?

特別太陽光がサンサンと差し込み明るい必要はありません むしろ太陽光を除く為にカーテン、ブライントを閉めていただき室内照明があれば撮影は可能です。 *撮影には当方が持ち込むストロボを使用します。

■時間あたりに撮影可能な人数は?

最初の20分~30分で機材の設置、調整を行います。(この時間も料金カウントいたします) それ以降は1時間あたり約60名のペースにて撮影を行います。 これは撮影の進行を優先する方法となりますが撮影対象者のお仕事を考慮してA部署は13時から14時の間に来てくださいというような業務を優先した方法で撮影する場合は予定した人数になりますが最大にて1時間60名にて調整してください

■当日に準備するものは?

・まず椅子が2脚必要になります。

1脚は撮影対象者が座ることになり理想は背もたれなしキャスター無しが望ましいです。 もう1脚はカメラマンが座る用でこちらはどのような椅子でも大丈夫です。

・社員番号等をひも付けする為の紙もしくは小さいホワイトボード

撮影データーのファイル名は英数の場合につき無料で社員番号等にリネームできます。 その番号を書いた紙、もしくは100均等で構わないのでホワイトボードに記入して撮影します。

・鏡

鏡があると撮影もスムーズに進みますが、なければ撮影にくるまえにトイレ等の鏡で服装、髪型等を確認していただくようあらかじめアナウンスしていただけると助かります。

・パーテーション(あるとよい)

これは撮影対象者が撮影されている姿を他の方に見られるのが恥ずかしいといった場合にパーテーションで目隠しします。

■決めておくべき事柄

・まず撮影する際の背景色を決める必要があります。

基本、青、灰、白の三色となります。

・データー納品仕様

撮影したデーターをカードベンダーに渡して適時トリミングしてもらう場合はカードベンダーの納品仕様をお知らせください 上記のような素材用としてではなく仕上がり状態での納品が必要な場合は縦横のピクセル数もしくは最終的にカードになった時の写真サイズと印刷解像度を お知らせください印刷解像度が分からない場合はどのような出力でも対応できるサイズで納品しますので写真サイズのみお知らせでもOKです。 以上が社員証の証明写真を撮影する場合のポイントになります。 関連ページ: 社員証用顔写真の出張撮影

ページ上部へ戻る