ブログ

納品された撮影データーの保管とバックアップ

DVDイメージ

トリニティーフォトの内藤です。
今回はトリニティーフォトで出張撮影を行い撮影データーを納品した後のデーターの保管とバックアップについてになります。

■まず撮影データーが届いたら

DVDで納品の方

通常の納品のDVDでの郵送の方の場合はDVDが到着したらすぐにパソコンに画像データーをコピーしてくださいその後は届いたDVDを保管しておいてください
たったこれだけです。
難しくありませんコピーの後も届いたDVDを保管しておくです。

インターネットからダウンロードして納品の方

ダウンロードした後は慌てる必要はありません(しばらくの間は何回もダウンロードできますので)
まずはバックアップをやっておいた方が安全です。
その方法はDVD、USBメモリー、ポータブルHDD、他のPC、クラウドサービス等にコピーしデーターを2重にしておくことがいいかと思います。

あっけないほどに

実は昔の紙の写真やネガと違い現在のデーターというのは便利な反面あっけないほど短い時間で無くしてしまうことが多いのです。
一番多いのはパソコンが壊れた等、保存先の機器の故障で参照できなるパターンがものすごく多いので半ばパソコンは壊れる物として扱ったほうが後で後悔しないかもしれません
出張撮影のデーター云々でなくてもスマホで撮った思い出の写真等も2重にデーターを持つことで何かの時、役に立つときがくるかもしれませんのでお勧めします。

■データーをなくしてしまった場合

万が一上記のバックアップを行ってなく(行っていても)本データーを無くしてしまった!
パソコンにコピーしたあと壊れた、DVDはすぐ捨ててしまったという場合はすぐに連絡ください
出張撮影を行った日から1か月程度であればまだデーターを保持している可能性があります。
1か月以上たっていても運がよければデーター保持していますしこちらでデーターの削除を行ってしまっていても参考用データーとして
小さいサイズとなりますがWEBサイトに使用する程度のサイズのものは持っていますのでお気軽にお声掛けください

実際1年に2~3件ほど連絡をいただきデーターをお出しさせていただいています。

撮影から1か月程度であればすぐに連絡ください元データーがまだあれば保持しますので、それから探しても遅くはありません

ページ上部へ戻る