集合写真撮影をカメラマンが思い返す

カメラマンによる集合写真撮影は3~4月が多くなります。

カメラマンの1年で3~4月の年度替りは集合写真の割合が増えてきます。
区切りがつく季節と共に新しいスタートの時期となりますので撮影する側としても心の切り替わりもできる内容の撮影ですね

個人様の集合写真

個人様の場合3~4月の集合写真の場合何十人というパターンではなく家族での撮影になることがほとんどで、小学校の入学式など立て看板の所や学校の周辺にての撮影が多いですね、まだランドセルが大きく見えてしまう感じがまたいい雰囲気です。 時折緊張した顔を見せながらも学校に到着し知っている友達に会うといつもの子になりますよね 10年、20年たった時にまたいい思い出になるでしょう!
撮影パターンとしてはご自宅で準備している様子から学校に家族で楽しく歩いていく様、そして学校到着で門前の看板をバックに家族集合写真
カメラマンとしてそのような撮影をさせていただき数年後、違う撮影依頼をいただく時に「あの時撮った写真は今でも飾っていた本人もお気に入りです」なんて言われると
一つの思い出でを作ることができてよかった!を思います。

法人様の集合写真

圧倒的に入社式の集合写真ですね、最近はこの状況下入社式もオンラインで!となる場合も多く少なくなる傾向ですが初々しい新入社員の方達を撮る機会も減るとなるとちょっと心寂しいですね…もちろん入社式のような場合のカメラマン服装もスーツやビジネスカジュアル等、場の雰囲気を壊さないよう配慮しますがオンライン明けドキドキ感が半端ないと思いますが
ちなみに法人様集合写真(フォーマルな感じの)ですがひな壇の持ち込みはできませんので会場に椅子があるようでしたらそれを使わせていただきます。
1列目椅子に座り、2列目床に立ち、3列目椅子の上に立ち、ステージ等がある場合は2列目の後ろにステージに立ちが増えます。

関連記事

  1. カメラ

    東京でカメラマンとして撮影をしています。

  2. インタビュー撮影

    インタビュー撮影でカメラマンが注意している点

  3. 最近の七五三の出張写真のスタイル

  4. 謝恩会の出張撮影と写真送付

  5. セミナー、シンポジウム

    シンポジウムや講演会、セミナーのカメラマン

  6. 社員証用顔写真の出張撮影について

PAGE TOP